トップページ » 健康 » 歯科 » 歯医者さんでコンポジットレジンで治療

歯医者さんでコンポジットレジンで治療

歯医者さんでコンポジットレジンで治療:歯科

先週に引き続き、歯医者さんに歯の治療に行って来ました。
1年前にコンポジットレジンで治療してもらった左上の奥歯が、貝料理を食べた際に砂粒を噛んだか何かで欠けてしまい、その治療をしてもらいました。
コンポジットレジンで欠けてしまったという経緯から、お医者さんは今回は金属での詰め物を提案されたのですが、私のほうで「できれば、今回もコンポジットレジンで」とお願いして、それを通してもらった感じです。ただ、もう一度欠けた場合には、金属でしょうね。
先週の右下の奥歯と違って上の奥歯は口を開けてもあまり見えないので、金属の詰め物でも良いかなとも思ったのですが、歯に詰めた金属が元となる健康上の問題の記事も時たま目にするので、なるべく体内に金属を持たなくて済むようにという思いが強かったです。
あと、コンポジットレジンであれば今回で終わりですが、金属の詰め物だとすると今回型取りをして次回詰めるのでもう一度来る必要があって、それを避けたかったというのもあります。
物を噛む時に気を付けて、なるべくコンポジットレジンが欠けないように気を付けようと思います。

by 管理人  at 20:39
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「歯医者さんでコンポジットレジンで治療:歯科」について解説しています。