トップページ » misc » 金融・保険・税金 » 児童手当・特例給付の申請漏れ

児童手当・特例給付の申請漏れ

児童手当・特例給付の申請漏れ:金融・保険・税金

平成29年度の「児童手当・特例給付」の現況届の案内が市から来ていて、提出しました。
これまで「我が家は所得制限額を超えているので児童手当はもらえない」とすっかり思い込んでいたのですが、よく見ると所得制限額以上であっても金額は減るものの支給されると分かりました。
ここ数年「どうせもらえないのだから」と現況届を出していなかったので、これが分かってショックです。過去に遡って支給されるとは思えないので、諦めるしかありません。
それにしても、子供は市立の学校に通っていて、私は市に住民税を払っているわけで、受給対象であることは明らかなはずです。
現況届が出ていないので支給しないということであれば、せめて「現況届が出ていない」ことの連絡が市のほうからあっても良いと思うのですが。

by 管理人  at 10:39
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「児童手当・特例給付の申請漏れ:金融・保険・税金」について解説しています。