トップページ » 健康 » 健康全般 » 義父のガンのオプジーボによる治療

義父のガンのオプジーボによる治療

義父のガンのオプジーボによる治療:健康全般

義父がガンと診断され、転移も見られて余命宣告を受けていたのですが、オプジーボという投薬治療を受けて、転移していたものも含めてガン細胞が見られなくなったそうです。
まだ完治とは言えず、今後も投薬治療を継続して、5年後もガン細胞が見つからなければ完治とのことでした。
義父が治療を受け始めた時は、このお薬(注射)でガンが完全に無くなった人はこれまで1人だけとのことで、ガンの進行を遅らせてもう少し長く生きられたら良いなと思っていたのですが、その後はガン細胞が小さくなっているという経過報告、今回は見当たらなくなったとのことで、嬉しい反面、驚いています。医療技術の進歩は凄いですね。
ただ、オプジーボによる治療はどこでも実施しているわけではなく、義父も入院先の選択で別の病院を選んでいたら、この治療は受けられなかったとのこと。
運も良かったのだと思います。

by 管理人  at 07:30
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「義父のガンのオプジーボによる治療:健康全般」について解説しています。