トップページ » 健康 » 肺炎・気管支喘息 » 近所のスーパーの従業員が新型コロナウイルスに感染したのは誤報

近所のスーパーの従業員が新型コロナウイルスに感染したのは誤報

近所のスーパーの従業員が新型コロナウイルスに感染したのは誤報:肺炎・気管支喘息

昨日、近所のスーパーの従業員が新型コロナウイルスに感染したとされていて、その24時間営業のスーパーは夕方から営業を中止して消毒作業をしていました。
今日になって、PCR検査結果が陽性だったというのは間違いで、当初から陰性だったと連絡があったそうです。
お店にもその旨の告知がなされていました。

PCR検査は完璧ではないのは分かっていますが、このように、前日の検査結果が翌日になって覆るというのはいかがなものかと思います。
当該スーパーは1日半の営業停止を余儀なくされ、今後しばらくは風評被害によって売り上げへの影響も出て来ることでしょう。
コロナカ禍で医療関係者が大変な苦労をされているのは理解していますが、ちょっと考えてしまいました。

by 管理人  at 23:10
この記事のカテゴリ
以下のリンクから関連する記事をお読みいただけます。

コメント(承認制です)

コメントはありません

コメントを書く



(公開されません)


保存しますか?


(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

(誹謗中傷にあたるコメント、及び的外れなコメントは、受信されません。)

「近所のスーパーの従業員が新型コロナウイルスに感染したのは誤報:肺炎・気管支喘息」について解説しています。