トップページ » アニメーション » 狼と香辛料

狼と香辛料II 【4】【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
第2期の最終巻だったのですが、予想していたのと違って、中途半端な終わり方でした。

狼と香辛料II 【4】【感想】の続きを読む

by 管理人  at 21:07  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料II 【3】【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
第2期もいよいよ後半です。
1巻に3話収録されているので、見るペースも速くなりますね。

狼と香辛料II 【3】【感想】の続きを読む

by 管理人  at 14:16  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料II 【2】【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
ロレンスとアマーティの黄鉄鉱での勝負、どうなることかと冷や冷やして見ていました。

狼と香辛料II 【2】【感想】の続きを読む

by 管理人  at 15:57  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料II 【1】【感想】

第1期に続いて、TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
ロレンスとホロの関係も、幾多の苦難を乗り越えてきたおかげで、人間と狼の間柄とは言え、かなり打ち解けて来ました。

狼と香辛料II 【1】【感想】の続きを読む

by 管理人  at 12:26  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料 6【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
密輸のためにラムトラに金を買い付けに行った、ロレンス、ホロ、ノーア、そしてレメリオ商会のリーベルトは、行きは狼に近づかれるも襲われることなくラムトラに辿り着き、金の買い付けに成功します。
しかし、帰りは、何事もなくとはいきませんでした。

狼と香辛料 6【感想】の続きを読む

by 管理人  at 23:53  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料 5【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
リュビンハイゲンに到着して武具を換金しに行ったロレンスですが、商会はがらんとしていて、ミローネ商会のような活気がありません。
町に入る時点から何だか雲行きが怪しいなと思っていたら、案の定、換金対象の武具は暴落していて、信用取引をしていたロレンスは、一気に赤字になって、不足分のお金を工面しなくてはならなくなってしまいます。
騙されたような感じですが、武具での取引を持ち掛けたのはロレンスのほうですので、自己責任ですね。
調子に乗り過ぎたというところでしょうか。

狼と香辛料 5【感想】の続きを読む

by 管理人  at 23:02  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料 4【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
物語も後半へと入りました。

狼と香辛料 4【感想】の続きを読む

by 管理人  at 00:46  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料 3【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
ミローネ商会がトレニー国王と交渉を済ませるまでの時間稼ぎのために地下道を逃げていたロレンツとホロですが、メディオ商会の手のものに囲まれてしまいます。
そこに現れたのはクロエ。クロエは自分と手を結ぶことをロレンツに提案しますが、「商人は約束を守るものだ」とロレンツに拒否されると、メディオ商会に雇われた男達に「男は殺して構わない」と言い切ります。
ホロに対する嫉妬が混じっていたのかも知れませんが、女って怖いですよね。
第3巻のDVDのレーベルはクロエで、クロエはホロとともに本作品のヒロインの位置付けだと思っていたのですが... これでクロエがロレンツと結ばれることはなくなりましたね。

狼と香辛料 3【感想】の続きを読む

by 管理人  at 00:49  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料 2【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
ロレンツとミローネ商会との取引の駆け引きで分かりにくいところがあって、結局2回見てようやく理解出来ました。
それぞれの立場で、どうやって利益を出そうとしているのか、注意して見ていないとついて行けなくなるかも知れません。

狼と香辛料 2【感想】の続きを読む

by 管理人  at 23:31  | Permalink  | Comments (0)

狼と香辛料 1【感想】

TSUTAYAのDISCASでDVDをレンタルして見ています。
ホロが狼の化身ということを除いては、至って普通の中世の行商人の生活を描いた物語です。
あらかじめ経済的な教訓がちりばめられていると聞いていたせいかも知れませんが、注意して聞いていると、時折含蓄のある台詞が聞かれて、ためになります。
ロレンツとクロエ、ロレンツとホロの会話の中だと、説教臭さを感じることもなくて、なかなか良いです。

狼と香辛料 1【感想】の続きを読む

by 管理人  at 00:07  | Permalink  | Comments (0)