トップページ » 健康 » 息子の歯列矯正

小学6年生の息子の歯列矯正の治療

小学6年生の息子の矯正治療が始まってから2ヶ月余りになります。
これまでは私も一緒に通院していたのですが、今回は行かなくて良いかなと思い、家内と息子の二人で診察に行って来ました。
前回、「次に来た時に新しいマウスピースに交換する」と言われていて、その通り、新しいマウスピースをもらって来ました。
物は同じもので、このマウスピースがまた駄目になったら、もう少し固いマウスピースにするとのことでした。
少しずつですが、治療の効果は見られているようで、ほっとしています。

小学6年生の息子の歯列矯正の治療の続きを読む

by 管理人  at 21:48  | Permalink  | Comments (0)

小学6年生の息子の歯列矯正の治療

先月から小学6年生の息子の歯列矯正を開始して、今月の通院をして来ました。
マウスピースを始めてから一ヶ月経って、よく当たる前歯の部分は少しゴムが切れて来ていたのですが、まだ新しいものに交換するほどではないとのことで、もう一ヶ月今のマウスピースを使い続けることになります。
ヘッドギアを始めるのはまだもう少し先になるとのことでした。
これまでは、下の前歯を上の前歯より前に出すことが出来なかったのですが、マウスピースを使って顎の位置が変わったのか、あるいは顎の可動域が変わったのか、下の前歯を上の前歯より前に出すことが出来るようになっていました。
このまま順調に息子の歯並びが良くなって行くことを期待しています。

by 管理人  at 21:13  | Permalink  | Comments (0)

小学6年生の息子の歯列矯正を開始

先日、小学6年生の息子の歯列矯正の計画を立てていただき、本日から息子の歯列矯正が開始されました。
まずは既製品のマウスピースをはめるところから開始で、ヘッドギアはまだ先のようです。
息子自身が歯並びを良くしたいという気持ちを持っているようなので、家にいる間はなるべくマウスピースを装着させるようにするつもりです。
少なくとも、iPadでゲームをしている間は必ずマウスピースをする習慣を付けさせようと思っています。

by 管理人  at 09:10  | Permalink  | Comments (0)

小学6年生の息子の歯列矯正の計画

本日、家内と息子とともに、武蔵新城駅近くの歯医者さんに行って、息子の歯列矯正の計画を聞いて来ました。
息子は、下顎が全体的に小さく、下の前歯が上の前歯の後ろに完全に隠れてしまっている状態です。
まずはマウスピースとヘッドギヤによって矯正をすることになりました。その後もっと綺麗にしたい場合にワイヤーでの矯正を改めて考えるという感じです。
私自身も小さい頃は今の息子と同じような感じで、小学6年生の頃から中学の終わり頃まで歯列矯正を受けていましたので、ある意味遺伝です。
ワイヤーでの矯正をどうするかは決めていませんが、息子が歯並びの件で将来苦労することがないレベルまでは治療を受けさせてあげようと思っています。

by 管理人  at 22:49  | Permalink  | Comments (0)

小学6年生の息子の矯正歯科の診察

小学6年生の息子の掛かり付けの歯医者さんに、月に一度、矯正歯科の専門医が来ており、本日、家内と息子と共に診察してもらって来ました。
私自身小さい頃に下顎が小さくて歯列矯正の治療を受けていたこと、家内が永久歯が一部生えてこない家系であったことなど、息子には両方とも心配があったので、診ていただいて来ました。

小学6年生の息子の矯正歯科の診察の続きを読む

by 管理人  at 21:51  | Permalink  | Comments (0)