SEED DESTINY第42話についての感想です。
前回のガンダムSEED DESTINY Phase-41 リフレイン【感想】に引き続いて、あくまで放映を見ての感想です。(アニメ誌はほとんど読んでいないので。)
ラクスもキラと共に地球に降りて来ていたのですね。一応、ラクスもモビルスーツを動かせるということでしょうか。


メイリンも、アークエンジェルに乗ることになりました。
今回はなかったですが、そのうち、アークエンジェルとミネルバが直接通信する際に、「メイリンが生きている」ことがミネルバクルーに伝わることでしょう。ミネルバ側(特に、シンとルナマリアが)どんな反応をするのか、楽しみです。
あと、ジャスティスが降下して来てアスランが席を立とうとしたとき、すかさずメイリンがアスランに肩を貸していましたね。
これでまた、メイリンの高感度が上がったことでしょう。
今、デスティニーのヒロインランキングをやったら、メイリンがかなりいいところまで行きそうです。

アカツキですが、やはりデスティニーに互角とまでは行かなかったですね。
カガリも種割れしないと、デスティニーと互角にはならないのでしょう。
キラは、期待通り、やはり上空からの参戦でしたね。

ドムも、ファーストガンダム世代の期待に応えて、ジェットストリームアタックをしてくれましたね。
そうすると、敗れ方も一緒なのでしょうか。

オーブの状況ですが、マスドライバー「かぐや」は封鎖しているのですね。
それなら、ジブリールはどうやって逃げるのでしょうか。
「第三区、異常ありません」と報告したシーンで、オーブの正規軍の人が血を流して倒れているシーンがあったので、ウトナとともにマスドライバーで宇宙に脱出する可能性が高そうです。

ネオ(ムウ)は、スカイグラスパーで戻ってきて、アークエンジェルの援護をしていました。
その際の交信で、「俺は、不可能を可能にする男だからな」って、言っていましたね。
記憶が戻って来ているのか、無意識のうちに言葉が口から出ているのか...
予告編でネオがマリューさんに何て言っていたのか、気になります。

アスランのジャスティスも出ましたし、来週は、フリーダム&ジャスティス vs デスティニー&レジェンドでしょうか。
そうすると、アスランとメイリンが生きていることも、ミネルバクルーにも伝わりそうです。

さて、予告編で、カガリが何か演説をしているようですね。
ラクスも表舞台に登場するのでしょうか?
いずれにせよ、今のザフト(デュランダル)とザフトを支持する世界の人々に対して、どのように大儀を説明するのか、楽しみです。