asahi.com: 永田議員「辞めるべきだ」が59% 本社世論調査 - 政治という記事が出ていました。
反与党色の強い朝日新聞社の調査ですから、実際の数値は少なくともこれ以上と考えて良いでしょう。
それくらい、堀江メールは大問題だったわけです。


 朝日新聞社が18、19の両日に実施した全国世論調査で、小泉内閣の支持率は46%、不支持率は38%で、2月の前回調査の支持43%、不支持41%から回復した。また、国会で偽のメールを取り上げた民主党の永田寿康衆院議員の辞職を求める声は59%。「民主党に政権担当能力があると思うか」との問いにも68%が「そうは思わない」と答えており、内閣支持回復の背景には、メール問題に代表される今国会の民主党のふがいない対応ぶりも影響していそうだ。
当然の結果でしょうね。 永田議員は思い込みだけで国会を混乱させた責任を取って辞職すべきです。 そして、永田議員をかばうような民主党は、国民の信を得られる以前に、政権政党としての資格はありません。

私自身は、反自民なのですが、自民党に代わる政党が事実上存在しない以上、今後10年、今の自民・公明政権が続くのはやむなしかなと思っています。