以前、金曜ロードショーで放映されていたのを録画しておいたのを観ました。

中盤までのアクションシーンは、圧巻でしたね。
多数の車だけでなく、街並みまで破壊しまくっていました。
相当の制作費を掛けたのだろうなと思います。


ターミネーター2の敵役の不死身振りもすごかったですが、今回の敵役T-Xもすごかったです。
しかも、電子機器を思うようにリモートコントロールできる(技術的には、いろいろと無理なところも多々ありましたが)というのは、すごいです。
シュワルツネッガーのターミネーターも、一時は操られていましたし。

結局、審判の日である核戦争は、防ぐことが出来ませんでした。
人類の運命を変えることは、出来ないのでしょうか。

最後まで明かされなかったのは、ジョン・コナーの末路ですね。
車の中での会話で、未来で、今回送り込まれて来たターミネーター自身の手によって抹殺されているということが明らかになったのですが、どのような経緯によってそうなったのかが不明です。
続編への布石でしょうか。