今週のシステムトレードの結果、先週末と比較して12.07%の投資資産減少となりました。
日本時間9/3に買いシグナルが出て新規で建てたところ、米国時間9/3にNYダウが3万ドル近くから800ドル下落した影響もあって一気に損失が出て、9/4に損切した形です。
一回の取引で12%の損失というのはバックテストの結果では十分あり得る範囲の下落幅であり、今のシステムトレードのルールで行くなら仕方がなかったとも言えます。
ここで「システムトレードのルールを見直そう」としてポジションを取るのを中断すると、以前のように本来得られた機会を逸してしまうかも知れません。
ルールの見直しをするかどうかはさておき、見直し後のルールが完成するまでは、今のルールで取引を続けようと思います。


日付金銭残高信用建玉評価損益合計合計評価額
2020/8/31889,0310889,031
2020/9/1889,0310889,031
2020/9/2889,0310889,031
2020/9/3889,031-20,883868,148
2020/9/4781,7150781,715
今週のシステムトレード結果(2020/8/31週)の詳細)